愛犬との記念日に利用したい、都内ラグジュアリーホテル5選!

2022/02/02 12:00

愛犬とのゆったりとしたステイケーションを楽しむには、都内ラグジュアリーホテルがお薦め

 愛犬と泊まれる宿は都心よりもリゾート地、ホテルよりペンションやコテージに多いといったイメージですが、都内のラグジュアリーホテルでも愛犬と一緒にゆったりとした滞在を楽しむことができるホテルがあります。そこで今回は、愛犬の誕生日や我が家に迎え入れた日など、とっておきの記念日に利用してみたいラグジュアリーホテルをピックアップしてみました。各ホテルのこだわりポイントをチェックし、うちの子との記念日ステイに利用してみてはいかがでしょうか。

ザ・ぺニンシュラ東京

THE PENINSULA TOKYO

 ザ・ペニンシュラ東京では、1部屋につき15kgが上限の愛犬1匹と一緒に宿泊できる「ドッグステイプログラム」を発売しています。通常の宿泊料金に加え1泊あたり1万5000円(税込)の費用がかかります。

 犬用アメニティのベッドやウォーターボウルにはホテルのロゴが入っており、ペニンシュラ滞在の気分を高めるアクセントに。さらに一層気分を盛り上げるのが、犬用のページユニフォーム!先着順ではありますが、ペニンシュラで働くページガールとおそろいの制服を愛犬にも着せることができます。制服を身に着けたうちの子の様子をSNSに投稿したくなりますね。制服を着用した愛犬と一緒にお散歩をすることもできるので、近くの日比谷公園や皇居外苑を散策してみるのもよいでしょう。

 事前予約が必要ですが、愛犬とおそろいのユニフォームを着たページガールがお散歩に連れていってくれるサービスもあります。その様子を写真に収めるのもいいですね。

 また、6月30日までの期間限定で、東京の夜景を楽しめるステーキ&グリル「Peter」の個室で愛犬と一緒にディナーを楽しめる「愛犬とダイン&ステイ」宿泊プランもあります。

★注意事項はこちらを参照★

キンプトン新宿東京

Kimpton Shinjuku Tokyo

 米・サンフランシスコ発のキンプトンが日本初上陸の地に選んだのは新宿。キンプトン新宿東京は、 NYのアートシーンからインスピレーションを受けたラグジュアリーライフスタイルホテルです。キンプトンのペットステイは、犬・猫・小動物など、エレベーターに乗れるペットなら宿泊OKとしていますが、犬に特化したプランしては、「ドッグ・バースデープラン」や「わんちゃんリフレプラン」があります。

 ドッグ・バースデープランは、愛犬の誕生日や記念日をお祝いするのにぴったりな宿泊プランです。愛犬の似顔絵をアイシングしたオリジナルバースデーケーキをはじめ、ダイニングで一緒に食べることができるブランチが用意されています。

 わんちゃんリフレプランでは、犬専用に開発したリフレクソロジーやロミロミ、あんま指圧やマッサージ、ヒーリングタッチなどのエッセンスを融合させた犬のための癒やしの技術を提供します。ストレスリリースはもちろん、消化器系の不調や運動不足、老犬の体調管理などに役立つ施術です。

★注意事項はこちらを参照★

マンダリンオリエンタル東京

MANDARIN ORIENTAL TOKYO

 マンダリンオリエンタル東京では、1部屋につき体重15kgまでの愛犬と一緒に宿泊できます。追加料金は1泊あたり12,650円(税込)です。愛犬用のアメニティは、ベッドやボウルセット、ランチョンマット、ウェルカムクッキー、おもちゃセット、チューイングボーンです。

 なかでも1月に新たに導入したペット用ベッド、NOMIN PET BED(ノーミン・ペットベッド)は愛犬の良質な睡眠のサポートをしてくれる一押しアイテムです。睡眠医学とIT技術で最高の睡眠を追求するブレインスリープとパーソナルスタイリストで幼いころから保護犬と共に成長してきた大の愛犬家である大日方久美子氏がコラボレーションし誕生しました。

 追加料金を支払うことで、特別なわんちゃん用の食事も用意してもらえます。メニューは「和牛ハンバーグステーキと白米」や「蒸した鶏胸肉とブロッコリー」、「蒸したさつま芋&かぼちゃと白米」です。

 飼い主さん向けのお祝いも必見です。飼い主さんが食べるケーキを追加料金で用意してもらうことができるのです。愛犬のポートレートをもとに特別にデザインしたケーキなので、記念日の思い出になりますね。

★注意事項はこちらを参照★

シャングリ・ラ東京

SHANGRI-LA TOKYO

 東京駅日本橋口から徒歩1分の距離に位置するシャングリ・ラ東京では、デラックスルームやエグゼクティブスイートルームの一部で愛犬と一緒に宿泊することができます。犬用アメニティとして、やわらかくフカフカのベッドやおもちゃ、食器などが利用できます。1泊につき1万円(税・サービス料別)の追加料金が発生します。

 愛犬のみがお部屋でお留守番をしてもらっての外出は2時間までという制限がありますが、デラックスルームからは東京湾や都心の街並みなどの眺望が望め、くつろぎに満ちた空間が楽しめます。うちの子の一緒にゆったりとした優雅なステイケーションを楽しむのにぴったりです。

★注意事項★
・利用の際には、同意書および利用規約あり
・同伴可能なペットは犬のみ
・1匹あたりの最大体重を15kgまでとし、1部屋につき1匹のみの滞在
・客室を除くホテル施設内では必ず犬をバッグやかごに入れて移動要
・犬は飲食施設、ヘルスクラブ、スパ、プール、宴会場へは入室不可
・過度の清掃を要する場合、さらに追加料金が発生する場合あり

ホテル詳細はこちら

ヒルトン東京お台場

Hilton TOKYO ODAIBA

 ヒルトン東京お台場では、1部屋につき体重34㎏以下の愛犬と一緒に宿泊できます。2匹の合計体重が34㎏以下であれば、2匹と一緒に滞在することも可能です。ペット宿泊プランとして、「ワンニャイトステイ/朝食付き」があり、そのプラン名が示すように愛猫との宿泊もOKです。1部屋に宿泊するにあたっての体重や数の条件は、犬同様です。

 ペット用アメニティは、就寝クッション、食事(ドライタイプのドッグフードもしくはキャットフード)、飲料用トレイ、トイレ用シーツ、ゲージ、お散歩セットが用意されています。

 愛犬と一緒にお出かけできるエリアが多いお台場。お散歩セットを使ってお出かけするのもよいですね。ホテルのすぐ近くには、レインボーブリッジや自由の女神像が見渡せるお台場海浜公園やペットショップのPETEMO(ペテモ)があるアクアシティお台場があります。アクアシティお台場ではペット用カートの貸し出しもあります。

★注意事項はこちらを参照★

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram