飼い主の「心を溶かした」猫ちゃんのお留守番中の行動に40万超いいね!

2022/02/19 18:00

 特に一人暮らしの場合、飼い猫にどうしてもお留守番を頼まなくてはいけないことがあるでしょう。中国・上海に住む李さんも旧正月に実家に帰省する際に飼い猫を数日間自宅に一人でお留守番させる必要がありました。

 ペットカメラを通して猫ちゃんの様子は確認できましたが、そこで李さんは自宅に猫ちゃんを置いてきたことを後悔します。普段なら猫ちゃんは自分のベッドで眠るそうですが、その時はいつも李さんの帰宅を待つソファに座り続けていたそうです。

飼い主の「心を溶かした」猫ちゃんのお留守番中の行動に40万超いいね!の画像1

李さんの帰りを待つ猫ちゃん O宝偷吃面包/ DOUYIN

 堪らなくなった李さんはペットカメラ越しに猫ちゃんを呼んでみたところ、猫ちゃんは李さんの声に反応し、ペットカメラの前に飛んできて、カメラの匂いを嗅ぎ、首を横に傾けて、混乱したような、悲しげな表情を浮かべました。このとき李さんの心は“溶けてしまった”と言います。

飼い主の「心を溶かした」猫ちゃんのお留守番中の行動に40万超いいね!の画像2

ペットカメラを見つめる猫ちゃん O宝偷吃面包/ DOUYIN

 李さんが帰宅すると、猫ちゃんはすぐさま足元に駆け寄り体をこすりつけました。李さんがいないことで寂しさを感じ、帰宅を心待ちにしていたのでしょう。こんな猫ちゃんの姿を見たらもう一人にはできないですね。

飼い主の「心を溶かした」猫ちゃんのお留守番中の行動に40万超いいね!の画像3

李さんの帰りをおこ顔で喜ぶ猫ちゃん O宝偷吃面包/ DOUYIN

 李さんが猫ちゃんのお留守番の様子を録画した映像をTiktok中国国内版の「抖音(ドゥイン)」にアップロードすると、多くの人が、「自分もペットを置いて帰らなければならないことがあるので、李さんの気持ちがよくわかる」と共感を示し、40万を超える「いいね」がつきました。飼い主なら誰もペットに寂しい思いはさせたくないものです。

 猫ちゃんは比較的お留守番が得意なペットだと言われていますが、2〜3日がお留守番の限界だと言われています。お留守番させるときは、誤飲しそうなものは手の届かないところにしまい、たっぷりの水と食事を用意し、脱走防止や家具の転倒にも細心の注意を払いましょう。また夏場や冬場にエアコンで室温を管理している場合は、猫ちゃんが電源を切ってしまわないようにすることも重要です。何日も家を空ける場合はキャットシッター、動物病院、ペットホテルなどを利用しましょう。

参考URL

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram