犬に時間の感覚はあるの⁈ 人との違いは?

2022/03/07 19:30

GettyImages

 犬は人間のベストフレンドと言われることもありますが、その反面、犬の心が人間とは異なることを忘れてしまいがちです。

 たとえば、犬には時間の感覚があるのでしょうか? 

 応用動物行動学者のメアリー・バーチ博士は、かつては犬も人間と同じように時を刻むと考えていたため、愛犬と長く離れる時は悩みが多かったといいます。

前回の海外ニュースはこちら

「休暇旅行に行くときは愛犬を預けてましたが、大好きな犬たちと離れ離れになると、せっかくの休暇が台無しになってしまいます。犬たちが何を考えているのか、ずっと心配でたまりませんでした。『彼女は戻ってくるの?』、『1週間も経ったのに……これはひどい、いつまで待たせるつもりだろう』なんてね」

ところが、ある高名な獣医師にこの悩みを打ち明けたところ、「犬は時間を刻まない」と言われ、犬は人間と同じような時間概念を持たないのではないかと考えるようになったといいます。

「結局のところ、犬が3日や3週間といった時間区分を把握しているかどうかはわからないし、ほとんどの行動学者は犬の体内時計はこのように働かないと言うと思います。彼らは、3日間なのか3週間なのか、預けられた時には全く分からないのです。」(バーチ博士)

犬には未来の概念がないと考えられていますが、バーチ博士は、日々の活動に関して「犬は驚くほど時間の感覚を持っている」と確信しているといいます。

「私は毎日午後6時に愛犬を散歩に連れて行きましたが、この日課を始めると、6時前後の3分以内に私のオフィスに現れるようになりました」(バーチ博士)

時間の長さは認識できる?

 また、ある研究では、長時間一人で留守番する犬は、短時間留守番をしている犬よりも熱心に飼い主に甘えることが分かっています。つまり、犬は飼い主が10分の仕事から帰ってきただけなのか、それとも1日中オフィスにいたのか、区別することができるということです。

 飼い主がいないことで犬が不安を感じ、問題行動を起こす「分離不安症」からも、犬は分単位の時間経過を意識していなくても、時の長短は認識できている可能性があります。そのため、バーチ博士は犬には時間の概念はなくとも、時間の感覚はあるだろうと考えているそうです。

 一説には犬の1日のリズムは7時間周期ともいわれています。人間にとっての1日は犬にとっては3日ぐらいの長さとなるため、なるべくお留守番をさせず長い時間を一緒に過ごしてあげたいですね。

参考URL

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram