愛犬に「すべての人間の食べ物」を与えた飼い主に世界中が涙

2022/04/01 15:30

GettyImages

 昔は飼い犬に人間の食べ残しを与えるのが普通でしたが、塩分過多や栄養バランスの面から犬の健康を重視したドッグフードが開発されていき、今ではそうした専用の栄養食を犬に与えるのが当たり前のことになっています。

 ただ犬たちの方は、パンやチーズなど人間の食べ物に興味津々。場合によっては飼い主さんの隙をついて盗み食いしちゃうワンちゃんもいます。人間の食べ物にはチョコレートやたまねぎなど犬の健康を害するものも多く、盗み食いされないよう心を砕いている飼い主さんも多いことでしょう。

 しかし、ある事情から「すべての人間の食べ物」を飼い犬に与える決断をした飼い主さんのTikTok動画が世界中で感動を巻き起こしています。

前回の海外記事はこちら

 TikTokアカウント「piercings_by_cala」が月曜日に投稿した動画はすでに77万再生を超え、1700件以上のコメントを集めました。動画のキャプションには「最愛の子の最後の週末にあげたすべての人間の食べ物」と書かれており、13歳の愛犬ブルーが、ピザやフライドチキンはもちろん、チーズタコスから卵まで、今まで食べたことのない美味しい人間の食べ物を堪能している様子が映し出されています。

@piercings_by_calah All the human food for my best boys last weekend ❤️ #doglife #seniordog #dogmomlife #sayinggoodbye #mybestfriend #doggo #bestdogever ♬ Love You So – The King Khan & BBQ Show

 飼い主によると、ブルーは進行性のガンに侵されており、体重が30kgまで落ち込み、非常に衰弱してしまっていたといいます。そこで、彼の最期にこれまであげられなかった人間の食べ物を思う存分楽しんでもらったというのです。

 SNS上では、お悔やみの言葉とともに同様の経験をした人のコメントもあります。

「私たちは14歳になる愛犬のために同じことをしました。とても辛かったけど、彼女はよく食べて、ビールまで飲みました」

「私の犬は虹の橋を渡る前に獣医のオフィスでオレオをもらってたよ」

 昨年10月、米アラバマ州のスミス・ステーション動物病院が、安楽死が決まった犬に「最後の晩餐」としてハーシーズのキスチョコを与えているとフェイスブックに投稿し、世界中から大きな共感の声が寄せられました。

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram