BTSも動物が大好き! メンバーの溺愛するワンちゃんたちを紹介

2022/04/04 18:00

BTSも動物が大好き! メンバーの溺愛するワンちゃんたちを紹介の画像1

BTSの公式Twitter(@BTS_twt)より

 「第64回グラミー賞」にノミネートされるなど、世界中で人気のボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」。メンバーはジン(JIN)、シュガ(SUGA)、ジェイホープ(J-HOPE)、アールエム(RM)、ジミン(JIMIN)、ヴィ(V)、ジョングク(JUNGKOOK)の7人ですが、ほぼ全員が、現在ペットと一緒に暮らしている、または実家でペットを飼っています。

 そこで今回は、BTSのペット事情をご紹介します!

ジンのペットは犬とフクロモモンガ

 最年長のメンバー・ジンは、「チャング」という名前の犬を飼っていました。しかし、2017年に亡くなったようです。その後、ニュージーランドを旅行した際にチャングにそっくりなワンちゃんを見つけ、Twitterに投稿し話題になりました。

 その後、フクロモモンガをペットに迎え入れ、現在はジンの実家で育てているようです。

シュガの愛犬は「ホーリー」

 シュガは実家で、トイプードルの「ホーリー」を飼っています。ホーリーという名前はシュガの兄が名付けたそうで、ホーリーを迎え入れたことでシュガは、保護犬ボランティアにも興味を持つようになったといいます。

ジェイホープの愛犬は「ミキ」

 ジェイホープは実家で「ミキ」という名前の犬を飼っています。ジェイホープはミキの写真を度々SNSに載せていますが、ファンの間では、ジェイホープ以外の家族といるミキは笑っているのに、ジェイホープと一緒にいるときのミキは笑っていないと話題になっています。

アールエムの愛犬は「ラプモニ」

 アールエムは実家でスピッツの「ラプモニ」を飼っています。ラプモニという名前はアールエムの愛称であるラップモンスターから名付けたようです。

 ラプモニの誕生日になるとお祝いの写真をTwitterに投稿するなど溺愛しているアールエムですが、おやつをあげないとラプモニはRMのそばに来ないそうです。

ジミンは過去に犬を飼っていた

 ジミンは過去に「トスニ」という名前の、珍島犬とピットブルテリアのミックス犬を飼っていたそうようです。ただ、現在は動物と暮らしていない唯一のメンバーです。

ヴィの愛犬は「ヨンタン」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

V(@thv)がシェアした投稿

 ヴィはポメラニアンのブラック・タン「ヨンタン」と一緒に暮らしています。ブラック・タンとは、黒地に茶色の毛が、両目の上、前胸などに混ざっている種類のことです。ヨンタンという名前は「練炭」からつけたそう。なお、ヨンタンは持病を持っており、ヴィはドッグトレーナーの方に色々と相談をすることもあるようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

V(@thv)がシェアした投稿

 ヨンタンを溺愛するヴィの姿を見て、「ヨンタンになりたい」と言うファンが続出しています。

ジョングクの愛犬は「バム」と「クルム」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jungkook(@jungkook.97)がシェアした投稿

 ジョングクはドーベルマンの「バム」と一緒に暮らしています。名前の由来は、毛が真っ黒なことから“夜”を連想させるとして、韓国語で夜という意味の「バム」にしたそうです。

 ちなみに、実家では「クルム(クルミ)」という名前のワンちゃんを飼っています。

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram