ローラが愛犬と同じ表情の写真を公開! 動物愛護に積極的な一面も

2022/04/07 17:00

ローラが愛犬と同じ表情の写真を公開! 動物愛護に積極的な一面もの画像1

ローラのInstagram(@rolaofficial)より

 モデルでタレントのローラが4月5日にInstagramを更新。愛犬であるミニチュアダックスフンドの「モカ」ちゃんと一緒に、お花に囲まれた写真を公開しました。

 黄色いお花が全面に咲いた道の上に座るローラとモカちゃん。目を細めた2人の笑顔が似ているということから、「同じ表情してる!」「笑顔がとっても素敵です」「ローラと愛犬ちゃんの姿が微笑ましく感じます」といったコメントが多数寄せられています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝐑𝐎𝐋𝐀🇯🇵🇧🇩(@rolaofficial)がシェアした投稿

ローラは動物愛護活動に積極的

 ローラのInstagramに頻繫に登場する愛犬は、前述のモカちゃんとミックス犬の「あき」ちゃん。実は、あきちゃんは元保護犬です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝐑𝐎𝐋𝐀🇯🇵🇧🇩(@rolaofficial)がシェアした投稿

 ローラは保護犬・保護猫活動に積極的で、2018年には保護犬・保護猫たちをハッピーにするプロジェクト「UNI project」をスタート。ローラ自ら、全国の保護犬・保護猫の情報を発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UNI(@uni_project330)がシェアした投稿

 また、ローラと共に暮らすのはワンちゃんだけではありません。保護猫ちゃんとも一緒に暮らしています。

 2020年4月にYouTubeチャンネルにて公開した動画では、「ウニ」ちゃんと「ピノ」ちゃんとの出会いを語っています。

 ローラが現在活動の拠点としているアメリカ・カリフォルニア州では、ペットを飼いたいと思ったらシェルターに行く人が多いそう。ローラは動物の命を大切にする姿勢に共感し、自身もシェルターを訪れたといい、そこでウニちゃんに出会いました。

 ウニちゃんは、白い靴下を履いているような模様が特徴的な猫ちゃんで、その柄にローラは一目ぼれ。赤ちゃんだったため、新しいお家に慣れるのも早かったそうです。

 その後、ローラはもう一度シェルターに足を運び、他の猫ちゃんたちと隔離された場所にピノちゃんがいたといいます。施設の人からは「ピノちゃんは危険だから触らないように」と言われましたが、ローラはピノちゃんの甘えたそうな仕草に心を惹かれ、引き取ったそうです。

 ピノちゃんは飼い主に捨てられシェルターに入り、一度、新しい家族に引き取られましたが、そこでもピノちゃんを飼えなくなってしまい、シェルターに戻ることに。そうした経験から、ローラのお家に来てからも、なかなかピノちゃんを触ることはできなかったそうです。彼女はピノちゃんの悲しい過去を、涙ながらに明かしました。

 最後にローラは、ウニちゃんとピノちゃんを一生愛し続けていくと約束。彼女の動物への強い愛情が伝わってくる動画です。

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram