朝ドラヒロイン黒島結菜も保護犬の飼い主! お迎えを勧めたのは東出昌大だった

2022/04/16 10:00

朝ドラヒロイン黒島結菜も保護犬の飼い主! お迎えを勧めたのは東出昌大だったの画像1

@kohadatoshadiより

 4月から放送がスタートした新しい朝ドラ『ちむどんどん』(NHK)。沖縄料理に夢を懸けるヒロインとその4兄妹の絆を描いた物語です。

 ヒロイン・比嘉暢子を演じるのは沖縄県出身の俳優・黒島結菜。端正なルックスと高い演技力で注目を浴びる役者さんですが、実は大の犬好きなことをご存じでしょうか?

黒島結菜の愛犬は「コハダ」と「シャディ」

 黒島結菜と一緒に暮らすワンちゃんは現在2匹。3歳の「コハダ」と10歳の「シャディ」で、どちらも元保護犬の女の子です。黒島は2匹専用のInstagramアカウントを持っており、黒島の公式Instagramアカウントのプロフィール欄から飛ぶことができます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コハダ シャディ(@kohadatoshadi)がシェアした投稿

 もともと、保護犬と暮らすことを黒島に勧めたのは、俳優の東出昌大だったようです。2019年12月放送のトーク番組『A-Studio』(TBS系)にゲスト出演した黒島は、東出と仲が良いことを明かし、東出が保護犬を飼っていたことから一緒にお酒を飲んでいた際、「黒ちゃん(黒島の愛称)も犬を飼うならそこで飼いなよ」と、保護犬のお迎えを推奨されたと話していました。

 酔った勢いもあり、そこからすぐに黒島は保護犬の施設のサイトを閲覧し、面会を予約。縁があり、コハダと暮らすことになったそうです。

 また、コハダとシャディは黒島と共に雑誌の表紙を飾った経験も。ライフスタイルマガジン『わんにゃんWalker』2022年2・3(KADOKAWA)の表紙には、コハダとシャディと黒島が仲良く登場。

 誌面のインタビューによると、コハダは生後2カ月くらいの時に、シャディは昨年3月に保護施設からお迎えしたそうです。コハダは喜怒哀楽がはっきりしている性格で、黒島の帰宅をとても喜んでくれるよう。一方、シャディはとても穏やかな性格で、寝ていることが多く、感情を出すのはご飯のときくらいだといいます。

 それぞれ個性のある2匹が、ドラマに映画にと多忙な黒島の癒しになっているのかもしれませんね。

文=いぬねこプラス編集部

(プロフィール)

犬や猫などのペットに関するお役立ち情報を発信しています
Twitter:@inunekoplus
Instagram: @inuneko_plus

facebook
twitter
instagram