宇垣美里、愛犬・てんぷらと共演!“愛娘”との仕事でモチベ維持もばっちり?

2022/05/07 10:00

宇垣美里マネージャーInstagram(@ugakimisato.mg)より

 元TBSで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する宇垣美里が、愛犬の「てんぷら」とともにサンスポの誌面連載「ペットと私」に登場。“愛娘”に対する愛を、熱量を込めて語っています。

ノンスタ井上もチワプーにメロメロ

てんぷらはチワプーの女の子

 「ペットと私」は、芸能人が愛するペットを紹介するという人気企画です。同コーナーの5月1日公開記事として、宇垣とチワプーの女の子、「てんぷら」(2歳)が特集されています。インタビューの中で宇垣は、局アナ時代から犬を飼う願望を持っていたものの、当時はひとたび災害や事件が起きるとテレビ局に駆け付けなければいけなかった、というテレビ局に所属するアナウンサーの勤務体制を理由に断念していたことを説明。フリーに転向し、スケジュールが読みやすくなったことでようやくワンちゃんをお迎えする夢を叶えることができたといいます。

 そんな宇垣と愛犬「てんぷら」の出会いはTBSを退社した翌年の2020年。ペットショップで見かけた「てんぷら」に宇垣が一目ぼれしてお迎えを決意しました。個性的な名前も、天ぷらの衣のような毛色をしていて毛並みもフワフワとして“揚がっている”ように見えるため命名したとのこと。局アナの頃からブレないユニークな感性が、愛犬の名前にも垣間見えるエピソードですね。

 「てんぷら」はこれまでにもたびたび雑誌などに出演しており、宇垣のマネージャーのInstagramアカウントでも取材時の貴重なオフショットが披露されることも。1枚1枚から、「てんぷら」に対する宇垣の愛情の深さが写真から伝わってきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宇垣美里マネージャー(@ugakimisato.mg)がシェアした投稿

 過去には取材で「自分の好きなものを話しているときが一番楽しい」とも語っていた宇垣。フリー転向前から多くのファンを魅了してきた唯一無二の感性は、こうした自分の“好き”をさらけ出せる仕事でモチベーションをアップさせることでより輝きが増しているのかもしれません。

弘中綾香アナ、犬猫は苦手でも馬に夢中

 これからも「てんぷら」とともに多くのメディアに出演してやる気をチャージしてもらい、魅力的な宇垣美里の姿をたくさん発信してもらいたいですね。

【画像満載】むっちりおててのポメラニアン

文=みーさん

(プロフィール)

みーさん
憧れの同棲生活(筆者+猫)を満喫する、永遠のステイホーム系ライターです。実家ではトイプーを飼っていた経験アリ。ワンちゃんとネコちゃんの狭間で心揺れ動きながら、自由気ままなペットライフを謳歌していく予定です(ほぼ確定)。

facebook
twitter
instagram