杏が愛犬の死後「犬生」を綴った理由 「一度まとめることが私には必要」

2022/05/31 17:00

杏が愛犬の死後、「犬生」を綴った理由 「一度まとめることが私には必要」の画像1

杏のYouTubeチャンネル(杏/anne TOKYO)より

 俳優の杏が5月31日までにInstagramを更新。今年4月、柴犬の愛犬・ヤマトが亡くなったことへの想いをInstagramで公開していますが、それとは別に「ヤマト記」と題するヤマトへの想いが詰まった文章を綴り、友人たちに共有していたことを明かしました。

黒島結菜、保護犬は東出昌大の勧め

 杏がヤマトが天国へと旅立ったことを報告したのは4月9日。可愛らしいヤマトのイラストと共に、以下のように綴っていました。

<突然ですが 相棒 柴犬ヤマトが先日 空に旅立ちました>
<病がわかってから一カ月とちょっと 最短1週間かも…と言われたこともあったけど最後まで自分で水を飲めたりヤマトはヤマトでした>
<このようなことを報告することに様々な意見があったり また不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません 喜を基本的にシェアしたくて始めたSNSで哀悲をシェアして申し訳ありません…>
<私のイラストやYouTubeにたびたび登場していたヤマト「あれ? いない?」と疑問に思われることも今後あるかと思い…>
<今後も過去をふり返ったりで登場することもあるかもしれません その時は何も考えず(?)愛でてください!!>
<ところで最期は一緒に寝ている時でとても幸せなものでした>
<いつまでも、一緒だよ>

 杏は「不快になる人もいるかも」と気遣っていましたが、コメント欄には「この投稿を見て不快に思う方がいるのなら、私はそのほうが悲しいです」「悲しいことだけど、なんだか温かい気持ちになりました」「報告をしてもらいありがたいです」といったコメントが多数、寄せられました。

杏「書かないと。絶対に。」

 そして今回は、<またまたヤマトのちょっと寂しい話ですが お付き合いください!>として、ヤマトの旅立ちを報告した理由について説明。こちらも、ほっこりとするイラストが添えられています。

<ヤマトを送り出した夜…>
<私は思いました 書かないと。絶対に。>
<なぜだか そう強く思いました それが必要なのだと そしてちょっと ちょちょ切れながらも書き上げた 午前3時>
<そうすることで ものすごーく スッキリとした 自分がいました>
<それはていねいに 箱にしまうような…きちんと入れたことで いつでも見返すこともできるような…色んな気持ちをただ 漂わせるよりも、一度 まとめることが私には必要 だったのかなあ…なんて。。。>
<「ヤマト記」と題したそれを、周りの友人達に送り、どんな犬生とその一区切りだったかを共有しました>
<弔い という言葉が合っているのかわからないけど そんなことがありまして>

 ヤマトへの想いを言葉にすることで、杏自身の心の整理もついたよう。コメント欄には、彼女の気持ちに共感を示す意見も多く書き込まれています。

坂上忍がスタッフに激怒

 そして、そんな「ヤマト記」が文芸雑誌「波」(新潮社)に掲載されるそうです。どのような内容になっているのか、楽しみですね。

杏の美声に愛犬うっとり?

文=いぬねこプラス編集部

facebook
twitter
instagram