DAIGO、専門店で猫グッズを爆買い 愛猫が好きなおもちゃは?

2022/06/05 13:00

 ミュージシャンのDAIGOは5月28日、『王様のブランチ』(TBS系)の買い物企画「買い物の達人」に出演。今年15歳となった愛猫のメインクーン「ジル」の遊び道具などをゲットするため、様々な店舗を巡りました。

北川景子も溺愛する「ジル」

番組企画で猫グッズを多数購入

 コーナー最後に訪れた猫グッズ専門店「ネコセカイ 吉祥寺本店」では、DAIGOが「棒系好きですよ」とジルのお気に入りのおもちゃが猫じゃらしであることを明かすと、店員さんは「レザーバウンサー」を紹介します。革製品のため猫が匂いで食いついてくれるというアイテムです。「“野生の匂い”がするので、食いつきは抜群ですね」とお勧めすると、リポーターを務めるタレントの小林麗菜も「DAIGOさんっぽいというか、ロックっぽい」と、DAIGOに似合うと同意。するとDAIGOも「レザーな感じだもんね」とレザーバウンサーを持ちながらDAIGO得意の「ロックステップ」を披露。テンションが上がったのか、そのまま色違いで2本をお買い上げとなりました。

 続いて店員さんが紹介したのは、LEDの光で猫を誘導する「じゃれ猫 LEDニャンだろ~?!光線 茶トラ」というおもちゃ。小林も「このおもちゃ、私も持ってます」と明かし、「(猫が)めちゃめちゃお気に入りです!飽きないんですよ」と言って猫の食いつきぶりが非常に良いことを強調します。さらにショップにいる子猫と遊んでその威力を試してみると、子猫もとても俊敏に光を追いかけまわしており猫ウケ抜群なことを証明しました。それを見たDAIGOも納得顔で購入を決定していました。

 その後もジルを運ぶためのリュックサックキャリーや各種おもちゃ、マッサージコームなどを購入。猫グッズの以外の商品と合わせて合計95,364円の商品を賭けてDAIGOがクイズに挑戦しました。

ミュージシャンとしての博識を披露

 ミュージシャンらしく「高校時代は毎週オリコンの雑誌を買ってヒットチャートを見ていました」と明かすDAIGOに出されたクイズは「1996年のオリコン年間シングルランキングベスト5の順位を当てる」というもの。5つの選択肢を1位から5位まで並べ、1問正解するごとに2万円、全問正解すると全商品を持ち帰れる、という仕組みです。

小泉今日子、ウクライナの動物たちを支援

 シンキングタイムが始まると、「『LA・LA・LA LOVE SONG』は180万枚くらいだった気がする」「4位と5位(のどちらにするかで悩んでいる)、『花 -Mémento-Mori-』と『チェリー』は同じ日に出してるんですよ」など、クイズではそこまで求めていないレベルの情報まで披露するDAIGO。圧倒的な知識量で見事に全問正解を成し遂げ、全商品のお持ち帰りを果たしました。もしかしたら今頃DAIGOさんは、獲得したおもちゃでジルと遊んでいるかもしれませんね。

【画像満載】にぎやか4ニャンズ

文=みーさん

facebook
twitter
instagram