アース・ペット、東京駅ヤエチカに誕生した情報発信拠点とは?

2022/06/15 13:00

(C)いぬねこプラス

 アース・ペット初となる店舗が5月26日、東京駅八重洲地下街(通称:ヤエチカ)にオープンしました。その名も「あーす・ぺっとはうす」です。飼い主さんのお悩みを解決する店舗で、アース・ペットの情報発信拠点となることを目指しているとか。オープンしたばかりの店舗にお邪魔しました。

プロが選ぶ愛犬とお出かけお役立ちグッズ5選

 ペット用品店と言えば、郊外に広い店舗というイメージを持つ人が多いかと思いますが、あーす・ぺっとはうすはその真逆。都心のど真ん中にスタッフの目が届くスペース内でアース・ペットのこだわりの商品を販売しています。ホームセンターやペット用品店で買うことのできない“ここだけ”で販売しているフードやグッズもあります。

飼い主さんのお悩み解決型店舗を目指す

(C)いぬねこプラス

 「お風呂が嫌いでイヤがって入ってくれないワンちゃん……」「ネコちゃんの体質で気にした方がいいことってなんだろう……」といった飼い主さんのお悩みありますよね。そんなお悩みを解決する商品をセットで販売しています。

 たとえば、ワンちゃんのお風呂に関するお悩みには、「ぬくりんセット」。ワンちゃん用の炭酸入浴剤「ぬくりん」の他、シャンプー入浴時をはじめ、キャンプや水遊びでも使える折り畳み式のワンちゃんが入れる防水生地を使用した袋などをセットに。さらにネコちゃんの場合は、イオンバランス飲料「ペットスエット」や栄養補助の「猫スタミノール」などをセットにした「猫の健康セット」などがあります。

 今後のセット商品の内容に関しては、季節に応じたお悩みに合わせて、例えば夏場の熱中症対策の商品などを展開していく意向があるそうです。

国産にこだわった犬の首輪や天然素材のドッグフード

(C)いぬねこプラス

 岡山の畳縁メーカーとコラボした和モダンの首輪やリード、これまで通販のみで展開していた「ドッグフード工房」のワンちゃん用フードなど、他のペット用品店やホームセンターで買えない商品を手に取って選ぶことができるのも、あーす・ぺっとはうすならではの特徴です。

 ドッグフード工房のフードは天然食材のみで作られており賞味期限が未開封で3カ月と短いので、ペット用品店などへの流通には回していなかったそう。「完全無添加なのでビタミンも添加せずに食材から取っているんです」「油のコーティングをしていないので袋を開けた時にいい香りがするのも特徴です」など、実際にスタッフの方の説明を聞きながら購入できるのも嬉しいところ。

 さらに店内は、ガチャガチャが用意されていたり、質問に答えることでその人に合った犬種や猫種を判定してくれるタッチパネル型デジタルサイネージが設置されているなど、遊び心に溢れた空間となっています。

雨の日の散歩もこれで快適!

 ペットのお悩みを抱える方や今後ペットを飼いたいと思う方などなど、立ち寄ってみると新たな発見がありそうです。

【店舗情報】
住所:東京都中央区八重洲2-1 地下1階
アクセス:JR各線「東京駅」八重洲中央口、八重洲南口、八重洲北口から徒歩1分
営業時間:10:00-20:00
休業日:無休(元日を除く)

お腹撫でて要求が可愛すぎるトイプードル

文=いぬねこプラス編集部

facebook
twitter
instagram